×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

体臭について

自分の体臭に気づかずに生活している人はけっこう多いです。自分の体臭は自分には分かりません。家族の指摘や周囲の様子の変化などで分かることが多いようです。体臭にはさまざまなものがあります。足のにおいや脇の下のにおいなども体臭のひとつです。ワキガなども独特の臭いのため、周囲の人々に迷惑をかけることも多いです。ワキガなどは本人は気づいていないことが多いです。昔から嗅いでいる臭いのため、気づかないことが多いようです。体臭の原因はさまざまです。予防としては清潔にすることや、消臭スプレーを使用するなどがありますが、根本的な予防にはなっていません。まずは体臭の原因となるものを突き止めて、その原因を除去していくことが大切です。

原因について

体臭は周囲の人たちに迷惑をかけることも多いですが、それ以上に自分の体臭に気づかない人が多いことが問題です。体臭は原因が特定できれば、改善することはできます。気づいたら、すぐに防対策をしていく必要があります。体臭の原因の特定が第一でしょう。体臭の原因として真っ先に思いつくのが汗だと思います。でも汗自体は臭いを放つことはほとんどありません。汗が細菌に分解されたときににおいが発生し、それが体臭の原因になります。皮膚は通常は弱酸性です。しかし汗をかくとアルカリ性になっていきます。汗をかけばかくほど、皮膚はアルカリ性になり、細菌が増殖し、体臭が増えるのです。汗をかかない日はありません。そのため夏場だけでなく、一年中汗への対策をしていきましょう。他にも病気や食べ物が原因のこともあります。根本的原因を改善することが重要です。

ストレス

体臭の原因には生活習慣の乱れやストレスも含まれてきます。これは病気の原因となることも少なくないです。睡眠不足や、ストレスを感じていると皮脂腺の働きが活発になります。過剰に分泌された皮脂が細菌に分解されることになり、原因となります。ストレスで内臓の働きが鈍くなります。特に腸の働きを鈍くすることがあり、これが体臭や口臭の原因となることがあります。ストレスをまずは軽減する方法を考えなくてはいけません。現代社会はストレスを感じないで生きていくことは難しいかもしれません。しかし軽減することはできます。まずは自分なりのストレス軽減方法を考えて見ましょう。スポーツで汗を流すのもいいし、映画鑑賞もいいでしょう。仕事から解放される時間を作ることが大切です。規則正しい生活も欠かせません。残業などで遅くなることもあると思いますが、睡眠時間を確保して、身体に疲れを残さないようにしていきましょう。そして出来れば規則正しい生活を送れるように、意識して生活をしていきましょう。